1. 2017年下期 静岡県掛川市

掛川市コーポレートフェローシップ 業務目標

対象自治体:掛川市
受け入れ課:企画政策部企画政策課
期間:2017年11月~2018年1月(予定)
業務目標:市役所働き方改革推進に向けたICT利活用の支援

掛川市の現状

当市では、長時間労働の是正と、職員の多様な働き方の推進、健康管理の充実により、ワーク・ライフ・バランスと生産性の高い働き方を図るため、全庁的な取組として「働き方改革」を推進している。

そのため、不要な業務、廃止しても良い業務を積極的に洗い出し、スクラップする「業務スクラップ」及び仕事のやり方や仕組み、意識を変えていく「業務リフォーム」について6月に全庁的に職員から意見を求め、対応できることから順次進めているところである。

しかし、職員同士で作業を進めても、小手先だけの改善にしかならず、改革とはなり得ていないのが現状である。働き方改革を推進して行くに当たり、職員とは違った視点で検討する必要性を強く感じており、コーポレートフェローシップに大いに期待している。
 

具体的な作業スコープ

・全庁から集めた課題や改善提案についての改善案の検討及び提示
・民間企業等でのノウハウによる業務改革の提案

必要/強化されるスキルや経験

・事務作業等における課題から解決策に繋げるスキル
・ICT技術を課題解決に繋げるスキル

※ただし、上記はあくまで目安であって、実際の作業内容は掛川市及びCode for Japan側との調整の上決定するものです。