1. 2017年下期 福井県鯖江市

鯖江市コーポレートフェローシップ 業務目標

対象自治体:福井県鯖江市
受け入れ課:情報統計課
期間:2017年11月から2018年1月(予定)
業務目標:障がい者に寄り添うオープンデータ活用

鯖江市の現状

鯖江市では昨年度、第4次鯖江市障がい者計画を策定しました。その過程で、障がい者向けの「生活する上で必要な支援に関する情報が入手しにくい」、「どこでどのように情報を得ればよいのか」、また「情報があっても制度などがわかりづらい」などのご意見をいただきました。
さらに、障がい者同士の交流や外出機会が少なく、外出はしたいが障がい者対応のトイレや設備はあるのか?車いすで入れるのか?などの施設の整備の在り方についても再認識されました。障がい者の社会との交流は障がい者自身の力を引き出し、自立に向けて踏み出す契機ともなります。障がい者の生き生きとした生活、社会交流についてITを活用し、障がい者に寄り添いながらサポートを進めたいと考えています。

具体的な作業スコープ

〇障がい者施策の現状分析
〇障がい者、健常者とアイデアソン、街歩き
〇障がい者の外出支援など情報提供
〇お出かけマップの作成(バリアフリー、トイレなどの情報。)