Code for 選挙

Code for 選挙

どんなプロジェクト?

Code for 選挙は、2017年衆議院選挙候補者のオープンなデータベースを作ることを目的にはじまったプロジェクトです。候補者の政策や過去の実績を中立的に参照できるサイトを制作し、誰もが使えるオープンデータとして公開することで、誰もが分析やサービスを作ることができます。
実際に、Code for 選挙によって作られたデータはイギリスのNPOである mySociety と連携することでFacebookから使えるようになりました。

どんな人たちが参加しているの?

エンジニアやデザイナー、大歓迎!そして、Code for 選挙で最も多くの人手を必要とするのがデータ入力です。2017年衆議院選挙では、各候補者のFacebookやTwitterアカウントをGoogle Spreadsheetに入力していきました。
PCを持っていれば、全国どこからでも参加することができます。

今後の活動は?

Code for 選挙は衆議院選挙や参議院選挙、統一地方選挙などでの活動を予定しています。また、Social Hack Dayにも参加し、プロジェクトの進め方などを検討しています。

次回の活動が決まり次第、「お知らせ」に掲載致します。

Code for 選挙ウェブサイト