1. 2018年上期 静岡県掛川市

掛川市フィールドワーク・テーマ

募集自治体:掛川市
受け入れ課:企画政策課
期間:2018年7月~2018年9月(予定)
募集テーマ:「働き方改革、働きがい改革、新しい働き方の実現」のための支援

掛川市の現状

当市では、昨年度より、長時間労働の是正と、職員の多様な働き方の推進、健康管理の充実により、ワーク・ライフ・バランスと生産性の高い働き方を図るため、「働き方改革」を推進してきた。特に、昨年度は、コーポレートフェローシップによるご協力をいただき、議論の重要性と業務フローの必要性について見出したところである。
今後、人生100年時代、持続可能な社会づくりを視野に入れ、行政力の向上、充実した生活を目指した「働き方改革、働きがい改革、新しい働き方の実現」を目指していくこととし、昨年度以上に職員の意識改革、環境整備等を推進している。

募集テーマを選んだ理由

上記のとおり、推進するには、幅広い情報や知恵が必要であり、今までの行政が行ってきた手法だけでは困難である。そのため、当テーマをフィールドワーク・テーマとし、新たな手法によって変革したいと考えている。

期待している官民連携の効果

行政だけでは考えられなかった新たな手法を試しながら「働き方改革、働きがい改革、新しい働き方の実現」を目指していきたい。

想定しているフェローの活動

下記の活動を予定しているが、得意分野を中心に活躍していただくことを想定している。
・業務を業務フローにより可視化し、効率的な業務への提案。
・職員が抱いている課題について相談する「場」である「働き方改革推進チーム」で出された課題についてフェローの経験や知恵による解決策を提案。
・行革担当者と庁内をヒアリングし、フェローの視点から改革に向けての提案。
・職員に対し、フェローの業界の情報提供を行い、ディスカッションを行う等、意識改革や議論の文化の醸成。

ひとことPR

企画政策課だけでなく、様々な関連部署が一丸となって「働き方改革、働きがい改革、新しい働き方の実現」を推進しています。人生100年時代、持続可能な社会づくりに向け、ぜひご協力をお願いします。