1. 2018年下期 兵庫県三田市

三田市フィールドワーク・テーマ

対象自治体:兵庫県三田市
受け入れ課: 人事課
期間:2018年11月~2019年1月(予定)
業務目標:防災情報などを効果的に伝達する手法の検討、改善提案

三田市の現状

危機管理課では、主に防災・防犯・交通安全について所管していますが、平時よりそれぞれのリスクに関する情報を発信すること、そして災害発生などが急迫する非常時にあって避難情報などをいかに確実に伝達するかが課題となっています。
平時にあっては、紙媒体やホームページを中心とした情報発信を行い、非常時にあっては、地域代表者への個別電話等連絡やメールサービス(事前登録制)、緊急速報メール(エリアメール)、ホームページ、市内各警戒区域に設置の防災行政無線(防災スピーカー)、コミュニティFMなどにより情報発信しています。

募集テーマを選んだ理由

市民に伝えたい情報、特に命に関わる避難情報については、迅速に、的確に、確実に市民に伝わっているかが重要ですが、具体的な伝達検証の手法をはじめ課題に対応できていません。また、市からの一方的な情報発信だけでなく、市民から寄せられる地域における危機的状況を情報集約する手法や、SNSの活用手法についても検討できていません。
本市は都市地域や農村・中山間地域など、市民には様々な生活環境があり、年代によっても情報取得方法も様々な市民へどのようにして効果的に情報発信していけるかの手法について、自治体職員ではない民間のノウハウや視点、アイデアを活用することで、効果的な情報発信のあり方を検討していきたいと考えております。

期待している官民連携の効果

民間のノウハウやネットワークを活用した課題解決への提案

想定しているフェローの活動

・現状の情報伝達手法の検証
→ 実際伝わっているのか?
→ 市民の抱く理想と現状についてのギャップ洗い出し
→ 市・市民・市内諸団体が有する情報発信資源の発掘(協力者がいるとの仮定で)
・現手法の改善について検討
・新たな手法や現手法の改善についての提案

ひところPR

三田市の防災・防犯について、ご支援お力添えをよろしくお願いいたします。