2019年下期 大阪府豊中市

2019.08.12 |

豊中市フィールドワーク・テーマ

募集自治体:豊中市
受け入れ課:創造改革課
期間:2019年11月~2020年1月(予定)
募集テーマ(25文字以内):ICTを活用した南部地域の活性化推進

豊中市の現状

  • 人口約40万人(府内第4位)の中核市。交通利便性が高く、住宅都市として成長。
  • 南部地域(名神高速道路以南の地域)では、昭和45年(1970年)をピークに人口が減少し、現在も人口減少、少子高齢化は進むとともに、生活・学習課題を抱える子どもの支援や公共施設の老朽化対策など、新たな課題にも直面。
  • そこで、小学校6校と中学校3校を再編し、義務教育学校2校を新たに設置するともに、老朽化した公共施設を再編し、複合的な市民サービスの拠点を開設予定。
  • 今後、学校や公共施設等の再編に伴い、多くの跡地の利活用を進めていくとともに、 南部地域全体を「ICTフィールド」と位置づけ、地域が抱える課題をICTなどの新しい技術やサービスを活用して解決していくまちづくりを目指す。

募集テーマを選んだ理由

「ICTフィールド」において、市民生活の利便性向上や地域の活性化が期待される新しい技術の先行的な導入や試行的な社会実験を行い、教育や保育、福祉、防災、ダイバーシティーなど様々な課題解消とともに新たな価値の創造、イノベーションへの挑戦を推進し、南部地域が抱える課題を解決していきたい。

期待している官民連携の効果

  • 官民連携による新たな課題の発見
  • 新しい技術の先行的な導入や実証実験の実施
  • 市民生活の利便性向上、地域の活性化

想定しているフェローの活動

  • 新たな課題抽出
  • 新しい技術の先行的な導入や実証実験実施に向けた企画・調整

ひとことPR

私たち「創造改革課」は今年できた新しい課です。「創る改革」を推進するために、試行錯誤しながら新たな取り組みを行っています。一緒に新たな価値を創造し、チャレンジしていただける方を募集しています。

RECOMMEND関連記事