1. 地域フィールドラボ、11月からの派遣に向けてスタート!

フェローシッププレスリリース

地域フィールドラボ、11月からの派遣に向けてスタート!

民間企業やNPO、フリーランスの方が自治体職員として3ヶ月間(週1〜2日)、地域課題や行政の課題解決に挑む共創人材育成プログラム「地域フィールドラボ」が11月からの派遣に向けてスタートします!
地域フィールドラボ(旧コーポレートフェローシップ)は、これまで約40人を全国各地の自治体に派遣してきました。普段とは異なる環境で、地域の課題と向き合い、様々なステークホルダーを巻き込みながらプロトタイピングをおこなっていくことは地域フィールドラボならではの体験です。

地域フィールドラボのご紹介 from Code for Japan

11月からの派遣に向けて、下記のスケジュールで進めていく予定です。

<下期スケジュール>
8/10(金) 自治体公募の締切
8/15(水) 募集テーマ公開
9月初旬 募集説明会
9/21(金) 企業からの応募の締切
10/12(金) マッチングの締切
10月末 集合研修
11/1(木) 派遣開始
1月末 派遣終了
3月初旬 フェロー報告会

<自治体の皆様>
民間人材受入にあたっては募集テーマを提出していただく必要があります。
興味のある自治体の方は、お気軽に問い合わせをお願いします。

<企業の皆様>
自治体の受け入れテーマの発表は8月中旬、募集説明会は9月上旬を予定しています。
個別の相談にも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

研修プログラムとして興味のある企業や受け入れに興味のある自治体の方は、下記までご連絡をお願い致します。
問い合わせ:Code for Japan 陣内(jinnouchi {@} code4japan.org)

code for japan

地域フィールドラボ、11月からの派遣に向けてスタート!

この記事に共感したらシェアをお願いします

CfJのslackへ参加する