地域フィールドラボ

地域フィールドラボ

地域フィールドラボとは?

地域フィールドラボは、共創人材育成のためのアクティブラーニング型研修です。
研修に参加する企業の社員は3ヶ月間、週に1〜2日という限られた期間、自治体職員とともに地域課題や行政課題の解決に挑戦します。

職員とともにヒアリングやワークショップを通じた課題探索をおこなった上で、解決に向けて試行錯誤をおこなっていきます。

これまで20社50人に参加しましたが、エンジニアの他、営業、企画、広報などさまざまな職種の方がいます。挑戦する課題も働き方改革やスタートアップ支援、健康福祉、子育てなど幅広い分野があります。

地域フィールドラボ参加の目的と成果とは?

これまで20社がプログラムに参加してきましたが、主に以下の目的をもって参加をしてきました。

  • 新規ビジネスを創出できる人材の育成
  • 顧客との新たな関係の構築(受託からの脱却)
  • 自治体の業務プロセスや保有データの理解
  • 行政や地域のステークホルダーとの共創

その結果として、以下のような成果が生まれています。

  • 新規ビジネスの立ち上げ
  • 自治体とデータ活用の事業立ち上げ
  • 自治体との協定締結

神戸市とヤフー株式会社はデータ活用に関する協定を締結

どうしたら、参加できるのか?

COVID19の影響を受けて、2020年度は中止しています。2021年度の方針に関しては、決まり次第、発表します。

問い合わせ先:Code for Japan(担当:陣内)
info@code4japan.org

FIELDWORKフィールドワークテーマ