Code for Japan として、社会イノベーター公志園に出場します。

2015.05.12 | お知らせ

Code for Japan として、社会イノベーター公志園に出場します。#codeforjapan

この度縁がございまして、社会イノベーター公志園という、社会起業家向けの約5ヶ月間に渡るリーダーシップ開発プログラムに参加させていただくことになりました。サイトにはまだCode for Japanの名前はありませんが、皆様には先行してお伝えさせていただきます。

詳細はサイトにありますが、一部を引用いたしますと、

社会イノベーター公志園は、キックオフから結晶大会までの、約半年間に亘るリーダーシップ開発プログラム(全国大会)を中心に、社会イノベーターのリーダーとしての人間成長と事業・活動の拡大を継続的に志援するプラットフォームとして設計しています。

約半年間の全国大会は結晶大会で集大成を迎えますが、大会終了後、出場者達は、「公志園フェロー」として、公志園の場とネットワークに迎えられ、継続志援を受けると共に、その後は、公志園の場を支える仲間として、活動いただきます。また、全国大会の未実施期間には、社会課題やテーマを絞り開催する公志園フォーラム、個別志援会等にフェローとして登壇し、全国大会後の自身の活動や挑戦を発表頂くことで、新たな志援者との接点の場を創出しています。

次回第四回の「社会イノベーター公志園」は、2015年5月29日(金)のキックオフ・フォーラムからスタートし、全国5ヶ所(東京、仙台、名古屋、福岡、京都)での相互志援会(2日間)を経て、11月3日(火・祝)に結晶大会を開催します。

とあるように、5月29日に始まり、11月3日に終わるプログラムになっております。

正直言うと、「公志園?結晶大会?これって怪しい団体?」と、そのネーミングに若干の怪しさを感じてしまった(主催者の方、申し訳ありません!)のですが、そもそもこのプログラムを紹介してくれたNPO法人クロスフィールズの小沼さんが尊敬できる人物でしたし、事務局の伏木さんもとても志を持った方なのがわかり、実際のプログラムも納得したうえで出場させていただくこととしました。

Code for Japan はステークホルダーとの関係醸成やビジネスモデルの実装部分の能力がまだまだ足りていないと思っておりますし、より良いコミュニティの作り方も模索しています。また、ガバナンスのあり方や経営面での舵取りなど、学ばなければいけないことはまだまだあります。

合宿や発表の準備に時間を取られて、一時的にみなさんに迷惑を掛けることがあるかもしれませんが、それ以上の成果を持ち帰ります。全国を回ってプレゼンを行い、地域のキーマンや学生の人と交流し、そこで得た成果をCode for コミュニティに還元できると思います。

応援よろしくお願い致します!

RECOMMEND関連記事