Code for Japan Summit

Summit 2019のサイトへ

Code for Japan Summit

Code for Japan Summit

どんなイベント?

2日間で約1,000人が参加する国内最大級のシビックテックのカンファレンスです。2014年から東京や横浜、神戸、新潟で計5回開催してきました。
Code for Japanには各地で長年ブリゲードのメンバーとして活動している人はもちろん、Code for Japanの活動に初参加の学生や主婦、公務員など様々な方が参加しています。
国内外の事例を知ることはもちろん、ワークショップなどの参加型コンテンツが多く、新たなことを身に着けたり、新しい人とつながることができるのが大きな特徴です。
講演やワークショップなどは原則、無料で参加できますので、お気軽にご参加ください!

どんなプログラムがあるの?

毎年、以下のような多彩なプログラムがあります。

  • 海外のデザイナーやUX専門家による基調講演
  • 地域におけるITやデータ活用の事例紹介
  • 省庁や自治体のデジタル化やデータ活用
  • 各地のCode for による交流会
  • 公務員による自治体変革の本音トーク
  • 子供向けプログラミング教室

エンジニアやデザイナーの方は、海外や国内の取り組みを知ることで、自らのスキルをどのように活かすことができるかが分かります。
公務員の方は、他の自治体等の課題や解決方法を知ることができます。
それ以外の方も各地の取り組みを知り、多くの人とつながることによって、次の活動への基調な一歩を踏み出すことができます。

2019年のCode for Japan Summit

9/28,29に千葉の神田外語大学で開催予定です。

【イベント概要】
日時:9月28日(土)、9月29日(日)
会場:神田外語大学(予定)
https://goo.gl/maps/u1Niy9p46kz
参加費:無料
参加予定人数:1,000名
主催:一般社団法人 コード・フォー・ジャパン
共催:Civic Tech Zen Chiba
チケット:https://cfjsummit2019.peatix.com/
※参加無料ですがチケットの入手が必要です。ランチと懇親会は有料になります

Code for Japan Summit

Summit 2019のサイトへ