HOMEニュース活動レポートCode for Ikoma佐藤キャプテンが語る!「Iko mama papaアプリ開発提案プロジェクトのできるまで」編

Code for Ikoma佐藤キャプテンが語る!「Iko mama papaアプリ開発提案プロジェクトのできるまで」編

2015.01.19 | 活動レポート

notion image
【Brigade活動報告】1/15開催 第10回BrigadeオンラインMTG〜Code for Ikoma佐藤キャプテンが語る!「Iko mama papaアプリ開発提案プロジェクトのできるまで」編〜 #codeforjapan
今回のテーマは、立ち上げから丸一年目を迎えるCode for Ikomaの佐藤キャプテンより、その歩みを振り返りながら、自治体との協働・地域の人達の巻き込み、子育てアプリ開発までの流れについてお話し頂きました。
ーBrigadeを始めたキッカケは?ーどうやって仲間を集めたの?ー自治体と繋がったきっかけとは?ーアプリ開発提案プロジェクトはこう生まれた!
などなど、どこのBrigadeも通るに違いない失敗と成功の道のり。「自治体はどこの課が対応してくれている?「子育てのどんなデータをどこで公開してる?」「アイデアソンで上がった課題はどう管理してる?」などなど、オンライン中継先の各地域Brigadeキャプテンからも質問が飛び、ノウハウを共有する次官となりました。オンライン中継後は、発表者だけでアフタートーク。今回はもっぱら2/21のInternational Open Data Day2015についての相談会となりました!
notion image
このMTGは・どこかのBrigade活動事例の共有・各地の近況報告(相談なども含む)という構成で行われています。
今回近況報告していただいたコミュニティの方・Code for Ikoma (※Brigade)・Code for Sakai (※Brigade)・Code for Shiga/Biwako (※Brigade)・Code for Nara (※Brigade)・Code for Kanagawa(※Brigade)・Code for Saitama(※Brigade)・Code for Sapporo(※Brigade)・Code for Ibaraki (※Brigade)
オンエアで視聴いただいたコミュニティの方・Code for Tokyo・Code for Saga (※Brigade)・Code for Setagaya・Code for Kanazawa (※Brigade)・Code for Nanto(※Brigade)
※Brigadeとは、Code for Japanが提供する支援プログラムに参加している各地のコミュニティになります。
notion image
MTGで話された内容などは、Facebookのグループでシェアされていますので、Brigadeとしての活動を検討されているかたは以下のグループにご参加ください。

RECOMMEND

ともに考え、

ともにつくる。

Code for Japan Logo

活動

シビックテックプロジェクトCivictech Challenge Cup U-22Civictech Accelerator Program (CAP)DecidimMake our City

団体概要

コミュニティ

Slackへの参加方法イベント情報 Facebook Twitter

© Code for Japan

情報セキュリティについてプライバシーポリシーCode of Conduct

© Code for Japan